安全性は大丈夫?マンスリー・ウィークリーマンションのセキュリティ事情

不特定多数とは言わないまでも住人の入れ替わりが激しいマンスリー・ウィークリーマンションのセキュリティは果たして安全なの?

というよくある質問に対して、一般賃貸や最近話題の民泊と比較しながら詳しくご説明します。また、年々進化している鍵についてもその種類や受け渡し方法について触れていきます。

短期利用できることがメリットのひとつ(その他のメリットについては、「マンスリー・ウィークリーマンションを借りるメリットとデメリット」を参照ください。)であるマンスリー・ウィークリーマンションですが、短期間の利用とはいえやはりそのセキュリティや安全面はやはり気になるものですから。

物件のセキュリティや安全性

マンスリー・ウィークリーマンションのセキュリティや安全性を一般賃貸や最近話題の民泊との比較で説明してみたいと思います。

一般賃貸との比較

マンスリー・ウィークリーマンションは、元々は分譲マンションやアパートの一室をマンスリー・ウィークリーマンション化(家具や家電を設置)しているだけなので、セキュリティについては一般賃貸とほぼ変わりません

分譲マンションですと築年数が新しい物件はオートロックがついていたり、監視(防犯)カメラや火災報知器なども最新のものが設置されています。

そのため、女性や学生にはやはり人気で、利用料金は相対的に高いものの安全面を重視してこのような物件が選ばれやすくなっています。

一方で築年数が古い物件はオートロックではなかったり、防犯設備が無かったり、あったとしても性能が劣っていたり、老朽化が目立つ物件もあります。

このような安全面が乏しい物件は、やはり相対的に利用料金(賃料や管理費)が安く設定されています。

民泊物件との比較

最近話題の「民泊」と安全面で比較した場合はどうでしょうか?

物件単位で比較することは難しいので、誰が運営しているか?で比較してみると・・・

民泊は一般の方が物件オーナーであることが多いのに対して、マンスリー・ウィークリーマンションは法人(企業)が運営しています。

一般の方がオーナーだから安全性が低いというわけではないですが、現段階では運営実績を多くもっている法人運営のマンスリー・ウィークリーマンションの方が安全性が高いと言えそうです。

鍵におけるセキュリティや安全性

セキュリティや安全性という意味では、鍵の管理方法や運営方法が気になります。

入居者・退去者と出入りの激しいマンスリー・ウィークリーマンションではどのような鍵が利用されているのか?また、どのように鍵の受け渡しを行っているのでしょうか?

利用されている鍵の種類

まず、利用されている鍵ですが、マンスリー・ウィークリーマンションでは現状、「シリンダーキー」と「暗証番号で開錠するデジタルロックキー」が主流となります。

●シリンダーキー

シリンダーキーと言っても種類が様々ですが、最近は鍵にボツボツのついた「ディンプルキー」が主流です。

ディンプルキーの特徴としては以下となります。

  1. ピッキングされにくい
  2. 複製されにくい
  3. リバーシブルでどちら向きで差しても開錠施錠ができる

一方で、鍵を紛失した場合に交換費用が高額なのがデメリットです。

●デジタルロックキー

デジタルロックキーは運営会社側であらかじめ暗唱番号(4−8桁程度)を設定し、その暗唱番号で開錠します。

特徴としては、

  1. 鍵を持たずに開錠施錠ができる
  2. 定期的に暗証番号を変えることができる
  3. 鍵がないので紛失の心配がない

です。

入退去の激しいマンスリー・ウィークリーマンションでは、いちいち鍵を交換するのは大変ですし、何よりも手間とコストがかかります。

シリンダーキーが鍵交換するのに時間と費用がかかるのに比べるとデジタルロックキーは非常に便利です。

鍵の受け渡し方法

シリンダーキーとデジタルロックキーそれぞれ鍵の受け渡しは次のように行っています。

●シリンダーキーの受け渡し

シリンダーキーの受け渡し方法は、主に次のようになります。

  • 運営会社の事務所にて
  • 現地にて手渡しor暗証番号付きポスト
  • 郵送(直前に入居者がいない場合)

対面での受け渡しの場合は、営業時間内で行われますので、入居日の日中に受け取りに行ってください。

また、鍵をもうひとつ欲しい場合は有料にて借りることができます。

●デジタルロックキーの受け渡し

最近、その便利さからマンスリー・ウィークリーマンションの鍵として利用されるシーン増えているデジタルロックキーですが、暗証番号で開錠するためシリンダーキーのようにわざわざ受け取りにいく必要はありません

肝心な暗証番号は、入居日の直前までに指定の方法(お電話・メール・FAX)で教えてもらえますので、入居日当日に直接現地に行き、暗唱番号で開錠したら新生活の始まりです。

まとめ

マンスリー・ウィークリーマンションのセキュリティや安全性は一般賃貸とほぼ変わりません。

鍵の問題も最近ではデジタルロックキーのおかげで、入れ替わりが激しいマンスリー・ウィークリーマンションでも毎回新しい暗証番号で施錠&開錠することができるためより安全性が高まりました。

また、鍵の受け渡しも無人で行うことができるため、シリンダーキーのような対面で受け渡す煩わしさも解消されつつあります。

運営面や何かトラブルがあった際にも運営会社が法人ということもあり、最近話題の民泊(一般人のオーナーが多い)と比べてもまだまだ安全性が高いと言えるでしょう。