誰も教えてくれないマンスリー・ウィークリーマンションの住所と住民票

マンスリーマンションやウィークリーマンションに住み始めると「住所」や「住民票」の取扱い方に迷うことや困ることがあります。

特に数か月単位で借りる場合は、ECサイトで商品を買うことや宅急便で物を送ることもあるでしょうし、携帯電話やクレジットカードなどの請求書やその他の郵便物を転送して届けて欲しいこともあるはずです。

  • 期間限定の仮住まいだけど、住民票の異動は必ずしないといけないの?
  • ECサイトで購入したものや宅急便はマンスリー・ウィークリーマンションの住所で受け取っていいの?
  • 請求書や郵便物はマンスリー・ウィークリーマンションの住所に転送してもいいの?

など、住所や住民票に関することは生活する上で大事なことにも関わらず、意外と質問しない限り誰も(運営会社の担当者も)教えてくれなかったりします。

そのため当記事でマンスリー・ウィークリーマンション利用時の「住所」や「住民票」の取扱い方について詳しく説明します。

住民票の異動

これまで引越しを経験したことがある人は、必ず数日以内に役所に行って、住民票の異動手続きをしたことと思います。

これは住民基本台帳法(住民基本台帳の制度を定める日本の法律)で決まっていて、住所の変更があった場合は14日以内の住民票の異動が義務付けられているからなのです。

ところがマンスリー・ウィークリーマンションを借りて一定期間そこに住む場合は、基本的に住民票の異動はできないと思っておいてください。

なぜなら、住民基本台帳法では、住所の変更があった場合は14日以内の住民票の異動が義務付けられているのですが、これは「生活の本拠が移る場合」とされているからです。※生活の本拠の正確な意味についてはココでは割愛します。

マンスリー・ウィークリーマンションを利用する人のほとんどが、一時的な仮住まい(生活の本拠が別にある)のため住民票の異動義務は適用されないのです。

運営会社によっては、住民票の異動を契約書の中で「不可」としていたり、1年以上の契約する場合は住民票の異動を考慮してくれる場合もあるようなので、住民票の異動がどうしても必要な人は契約時に運営会社に確認するようにしましょう。

各種住所変更の手続き

運転免許証のように、住所が変わった場合には住所変更手続きをしなければならないものがありますが、上記の通りマンスリー・ウィークリーマンションに住んでも基本的には住民票の異動ができないので、そのような住所変更手続きを行う必要はありません。

車庫証明の取得

マンスリー・ウィークリーマンションを長期で借りている間に新車や中古車を購入することもあるかと思います。

車を購入する際には必ず車庫証明が必要ですが、マンスリー・ウィークリーマンションの場合、車庫証明は一般的には取れない場合が多いようです。

ただし、こちらも運営会社毎に異なるため、必要な場合は相談してみてください。運営会社によっては、半年や1年以上という長期契約の場合なら、応じてくれることもあるようです。

ECサイトでの購入物や宅急便の受け取り

ECサイトで購入した商品や宅急便を送る場合は、借りているマンスリー・ウィークリーマンションの住所を指定すれば普通に届きます。

宅配ボックスの利用

宅配ボックスが設置してあるマンスリー・ウィークリーマンションの場合でも、宅配ボックスが利用できるかどうか念のため入居時に確認しておきましょう。

利用できない場合は、「日付時間指定」での配達してもらうようにすれば確実に荷物を受け取ることができます。

コンビニエンスストアでの荷物の受け取り

最近のECサイトでは、セキュリティ面や日中の不在時を考慮して家ではなく近くのコンビニエンスストアで荷物を受け取れる便利なサービスもあります。

一度住所を入力して購入をするとその後DMなどが届き続けてしまうこともあるので、このようなサービスも上手に利用しましょう。

引越し荷物

入居日に合わせて、衣類や雑貨など引越し荷物を送りたいこともあるかと思います。

ところが、マンスリー・ウィークリーマンションは、あなたの入居日の前日や直前まで他の人が住んでいることも珍しくはありません。(ホテルや旅館と同じように掃除や消耗品を補充した後に次のお客様をご案内します。)

そのため、引越し荷物は、「日付時間指定」で確実に自分で受け取れるようにしておきましょう。

「日付時間指定」をしなかったために、前の入居者が受け取ってしまったなんてことがくれぐれもないようにして下さい。

郵便物の転送

携帯電話やクレジットカードの請求書、その他の郵便物など元々の住所からマンスリー・ウィークリーマンションの住所に配達(転送)して欲しい場合は、郵便局へ転居届を提出する必要があります。

手続き自体は、郵便局の窓口やインターネットで行うことができますが、転送期間は届出日から1年間となります。

1年以上同じマンスリー・ウィークリーマンションに住む場合は、1年後に再手続きが必要となりますし、1年以内に元の住所や違う住所へ引っ越す場合も再度転居届を出し直す必要がありますのでご注意ください。

手続き自体を忘れてしまうと、あなた自身が困りますし、次の住民にも迷惑となります。

前入居者の郵便物が届いたら

マンスリー・ウィークリーマンションでは短期間で入居者がコロコロと入れ替わるため、自分宛でない請求書やDMなどの郵便物が届くことがよくあります。

興味本位で開封したり、勝手に処分してはいけません

すぐに郵便局や運営会社に連絡をしましょう。

光熱費の請求書が届いたら

光熱費は入居者が1日の固定費を契約日数分前払いで運営会社に支払っているため、電力会社やガス会社等から直接請求書が届く場合は手違いであることがほとんどです。

もし請求書が届いても入居者が直接支払う必要はありませんので、この時も運営会社に連絡をしましょう。

まとめ

マンスリー・ウィークリーマンションに住む際の「住所」や「住民票」の取扱い方については理解できましたか?

住民票の異動は必要ありませんが、ECサイトで購入したものや宅配物の宛先にマンスリー・ウィークリーマンションの住所を利用することは何の問題もありません。郵便物の転送も手続きさえすれば可能です。

ひとつだけ気を付けるとすれば、不必要にマンスリー・ウィークリーマンションの住所を記入し過ぎないということです。

お店の会員カードやWEBアンケートなどで住所を記入したばかりにその後DMが届き続けてしまうことがありますので、後々の住民のことも考えておきましょう。